助かる事例

異常気象による、土砂災害、突風、落雷の被害が後を絶ちません。
弊社衛星発信器プランは、災害時に役立つものです。なぜ衛星通信器なのか?
ここでは具体的な事例を挙げて、説明いたします。

1.土砂災害で孤立した場合どうしますか?

食料を備蓄しようが、土砂災害で流されればなんの意味もありません。
助かる為に一番必要なものは、「助けを呼べる通信」と言う事になのです。
土砂災害で通信網が遮断された場合、通常の携帯電話通信機器が使えなくなります。
国は災害時優先通信」と称して通信網を規制します。
国は「大震災発生時の交通規制」と称して道路も封鎖します。
しかし、弊社衛星通信機器は、衛星と直接通信しますので、確実に通信が出来ます。
また、プロの冒険家が使えるように、防水、耐衝撃構造になっております。
※肝心の時に、壊れてしまうような通信機器ではダメだと言うことです。

米国のGPS衛星は軍事技術がら転用されてるものですので、国内の衛星を利用する他社の製品と精度が違います。

2.首都直下型地震が起きたらどうしますか?

地震で、道路や通信網は遮断されます。
国は災害時優先通信」と称して通信網を規制します。
国は「大震災発生時の交通規制」と称して道路も封鎖します。
携帯も使えませんし、充電も出来ません。

弊社の助かる衛星通信器であれば、通信塔が破壊されたとしても救助要請が可能です。
地震被害で国内の救助体制が機能しない可能性が出てきます。
しかし、弊社衛星発信器プランは海外に救助要請されますので安心なのです。

3.津波で遭難したらどうしますか?

耐衝撃・防水加工加工のない通信器はすべてダメになります。
弊社衛星発信器プランの衛星発信器は、プロの冒険家も信用する「防水・耐衝撃」仕様です。

波にさらわれても、救助を発信することが出来ます。
これほど強力な機能を持ってるサービスは他社にはありません。

4.海外で拉致誘拐などの被害にあったらどうしますか?

弊社衛星発信器プランは、海外でも対応いたします。

プロの冒険家も頼りにする救助体制も万全です。

※その国の国内情勢で救助を行えない場合もあります。

5.海洋で遭難したらどうしますか?

スキューバダイビングに出かけた邦人が、海流に流され、遭難した事件は記憶に新しいです。

弊社衛星発信器プランの衛星発信器は、プロの冒険家も信用する「防水・耐衝撃」仕様です。
スキューバダイビング中も携帯していれば、太平洋のど真ん中でも救助を発信することが出来ます。

これほど強力な機能を持ってるサービスは他社には無いはずです。

6.電源のない場所で何日も遭難したらどうしますか?

弊社衛星発信器プランの衛星発信器は、使用状況にも寄りますが30日でも電池が持ちます。

プロの冒険家が使用するもう一つの理由です。

7.機械が全くわからないお年寄りやお子さんが肝心の時に操作できなかったらどうしますか?

弊社衛星発信器プランで提供する衛星発信器は、ボタンを2度押すだけ。
お年寄りやお子さんでも簡単に操作できます。

それも心配なケースは「自動感知式衛星発信器」を使用します。
自動感知式衛星発信器であれば、「動きを感知して自動発信」されますので、操作は一切不要です!

他社サービスとの違いは?

他社との違いを簡単にまとめます。
月額の違いが昨日の違いであることを理解できると思います。

弊社「助かるプラン」 他社
弊社が提供する衛星発信器は、プロの冒険家も愛用するものです。そのため、過酷な状況に耐える頑丈な設計になっております。防水、耐衝撃です。 他社の製品は、日常の使用を前提としている為、防水、耐衝撃ではありません。
災害時には、通信塔の破損、停電などで通信が出来なる恐れがあります。衛星通信機器は、電話通信基地を通さずに通信できますので、安心なのです。 電話通信基地を使用する他社の製品は、災害時に、通信塔の破損などで通信が出来なります。
助かるプランの衛星発信器は、プロの冒険家も愛用するものですので、バッテリーが何日も長く持ちます。 日常の使用を前提としているため、バッテリーのもちが短いです。
日本国内の探偵などが利用するバッテリー寿命の長い衛星発信器は月額3万ほどします。
米国のGPS衛星なので、数も精度も違います。 GPSノ精度が劣る場合があります。
page top